アイテル式オリカ製作所ブログ

娘大好きなオリジナルカード職人が日々学んだ事を紹介してます。

子供にスマホの制限をさせる方法 後編

子供にスマホを制限させる方法は簡単です。

前回の続きで10分スマホを触ったら30分以上休むルールについてです。

 

まず理由が絶対必要です。根拠のあるルールは子供に教える場合絶対に必要です!

これは絶対必要な事なので忘れないようにしてください。

子供は根拠の無い話は耳をかしません。

 

では、なぜ10分スマホを触ったら30分以上休憩が必要なのかですが。

 

人間の目はスマホを見続けるとこうなるから。

と両手を自分の両目に押し当てて見せます。

この状態で見えると思う?

 

そう聞くと娘はこう言いました。

「見えない。私やった事あるもん」

そうだよね!何も見えないよね。

この状態でずっといたら嫌だよね?歩ける?

怖くない?これでずっとだったら辛いよね?

 

スマホを見続けるとみんなこうなるんだよ。

でもなんでかわかる?

「わからない」

そうだよね。じゃ教えてあげる。

パパやママの頃ってスマホはなかったんだよ。

スマホってね、約10年前に出来たんだよ。

だから今のみんなはまだその頃スマホなんて触ってなかったんだよ。

 

でもね。それが出来てからはみんな触るようになったでしょ。

スマホってね見続けるとこうなっていくんだよ。

そう言って私は両手を少しずつ少しずつ、自分の目に近づけていく。

だんだん歳をとればとるほど近づいていく、そして80歳くらいになるとこうなる。

と言って完全に目を塞いだ。

みんな最後は見えなくなるんだよ。

 

少し不安そうに話を聞く娘。

パパもママも毎日スマホ見てたらこうなる、みんなこうなるんだよ。

だからタラッタちゃんも、スマホずっと見てたら20年もしたらこうなるんだよ。

すぐじゃないよ、少しずつ少しずつ、そうなるんだよ。

 

20歳くらいなら、仕事してるくらいだろうけど

目が見えなくなったら嫌じゃない?

パパとママの顔、見れなかったら嫌じゃない?

少し辛そうな顔で嫌だと答える娘(可愛い)

 

少し間をおいて、

でもね、こうならない方法があるんだよ。

そう言うとあからさまに明るい表情で

えっ!?と驚く娘。

 

両手をまた目の前に出し、10分スマホをみて、

あー、もう少し見たい、あーもう少しみたい!

そう言いながら両手を少しずつ目に近づけていく、そして

もうそろそろスマホ見るのやめなさい!ってママに怒られてやめる、

そういってほんの少しだけ手を目から離す、

また、もう少しみたいもう少しみたいと言ってこれを三回ほど繰り返した後完全に目を塞いで見せた。

 

こうなるともう見えなくなるでしょ?

でもね。10分見たあと30分休憩するとどうなると思う?

休憩すると疲れが取れてくるんだよ。

じゃどうなると思う??

 

そう言って、少しずつ少しずつ目に近づけて、10分たったから休憩しよ。

そう言って手を少しずつ目から離していく。

30分経ちました。そう言ってまた目に近づけていく、休憩しよ、そう言ってまた離していく。

 

ほらね?全然目に近づかないでしょ??

 

だから10分スマホ見たら30分は休憩しないといけないんだよ。わかった?

 

「うん!」

 

じゃ明日からどうするの?

 

「10分スマホしたら休憩する!」

 

よく出来ました♪よしじゃ寝よう( ^ω^ )

 

今回はちょっとでも何か参考になればと言う思いで長々と書いてしまいました。

ここまで全部読んでくれた方、いましたら本当にありがとうございます♪

これと同じ事をして上手くいくかはわかりません。子供一人一人違うので、その子に合わせた考え方をしてあげられると良いなと私は思います。

 

大事なお子様のために、根拠の無い話だとしてもこれは自分の考えた事だ!間違いない!!

と根拠を持って話しをしてあげてください。

間違えていたっていんです。

あなたの子供を守れるのは貴方だけです。

専門家でも先生でもなく、親である貴方だけなんです。だからしっかりと話を聞いて、話をしていきましょう( ^ω^ )

 

それではありがとうございました♪