アイテル式オリカ製作所ブログ

娘大好きなオリジナルカード職人が日々学んだ事を紹介してます。

著作権の問題について

著作権とブロックチェーン

ブロックチェーン技術は益々現代の社会への発展には必要になってくるだろう。 とんでもないツイートを朝から発見し驚いた。 ドラゴンボールヒーローズ の実況・解説では有名なYouTuberのNOA様。 それは、このNOA様のツイートだった。 偽Googleからの謎のメー…

オリカの販売・転売の実態

私はオリジナル作成によるカードの販売を絶賛実施中である。購入者は転売もご自由にどうぞ。 オーダーは一枚3千円から受け付けています。 https://minne.com/@aetherorica ただし、これはアイカの話。 いわゆる、何かゲームのレプリカだったり 著作権のある…

オリカの著作権問題について。 オリカを作り始めるきっかけ編その4

オリカを作るきっかけを話します。 ここまで読んでもらってわかる通り、ハッキリ言ってしまえば、カード転売もコード作成も一歩間違えば犯罪じみている。 最初に話したように、申告罪。著作元が違法だと訴えていないだけで、グレーな事だという認識だと意識…

オリカの著作権問題について。 オリカを作り始めるきっかけ編その3

今世の中はCtoCの時代だ。 排出したカードの売り先も、カードショップに売るより、同じ一般消費者へ売る方が高く売る事が出来る。つまりフリマだ。 Customer to Customer。つまり一般消費者が一般消費者へ売る時代。 今までは、BtoBもしくはBtoC(CtoB)の関…

オリカの著作権問題について。 オリカを作り始めるきっかけ編その2

半信半疑で初めたカードゲーム。 カードをお店にいき見積もりをしてもらった。 その値段は1万にはならなかったが、使った金額を上回る額だった。 結果的にこの時のカードを売る事は出来なかった。 多少余裕もあり、この時に使用した予算が返ってこなくても困…

オリカの著作権問題について。 オリカを作り始めるきっかけ編その1

これいきなり言っておくけど、結論はない。 潔く私は犯罪者になり得る事をしている事を認めておく。 なり得るという理由は、全て申告罪にあたる部分だからだ。 今現在において被害届は無い。 私がオリカに出会うのは2017年の初め頃。 特にカードゲームが好き…