アイテル式オリカ製作所ブログ

オリジナルカード職人がオリカを広めるための活動をブログしていきます。雑談や娘の子育てや教育についても語ったりします。

オリカの販売・転売の実態

私はオリジナル作成によるカードの販売を絶賛実施中である。購入者は転売もご自由にどうぞ。

オーダーは一枚3千円から受け付けています。

 

ただし、これはアイカの話。

いわゆる、何かゲームのレプリカだったり

著作権のあるキャラクターを使用した作品の販売は、著作権の侵害にあたる為お断りしている。販売用に製作もしていない。

 

あくまで、著作権が放棄された物、歴史的な絵画などで作者が死後50年以上たった物などは現在フリマアプリminneで展示販売しているという事だ。

 

イカとは、

愛する人へ送る物または、愛する人からもらった物をいつでも手元に置いておける形にし、それを見て元気や、やる気を出してもらうために作られた物』としている。

 

それぞれ一人の人間が大事に思う気持ちを、カードやキーホルダーといった物に姿を変え、いつでも見られるようにする。

その形に変える手伝いを私はしたいと思っているのである。

 

つまり、個人の大切な思い出であり、レプリカではない。

厳密に考えたらオリカと呼ぶにはあまりに違うので私はアイカ(愛化)と呼んでいる。

 

さて、ここからが本題になるわけだが。

以前こんな調査をした。

これは2020年の1月の調査である。先ず見てもらおう。

 

f:id:AetherOriginal:20200121073049p:image

三十人という小規模の回答で申し訳ない。

私の影響力の範囲になるため、もっと多くの人と結びついたらまたその時の調査もしてみたいと思っている。

 

これを見てわかる通り、現在において私の事を知っている範囲の中だけでもこれだけ多くの人により、オリカは売買がされているという事がわかる。

 

以前逮捕者が出たというのに、関係ないとの事だ。

この影響は大きく、理解ない人間にはオリカ=偽物 オリカ士=犯罪者 というイメージが一部に広がっている。

 

何を隠そう、我が家も例外では無く

「もう!作るのやめてほしいんよ!!」

と私も嫁の信用を失った。

 

今は大分落ちついてはいるが、私がオリカに関して真剣に取り組んでいる姿をそれほど良くは思っていないのが現状だ。

 

だからこそ変えたい!!

自分がその先頭に立ち世間のイメージを変えたい!こんな楽しくて人を喜ばせられる事をしていたんだと理解してもらいたい。

口で説明しても伝わり難い事もある。

だから、色々な事を通してそれを体現していきたい!そう思っている。

 

私情が出てしまったようで申し訳ないが、それが本音である。

 

現在の私はアイカを販売している。

この理解はなかなか説明が難しいのか、伝わっていないのが現状。

週に数件こんなダイレクトメールが来る。

 

「オリカ作ってください!鬼滅の刃の炭治郎を使ったアバターカードを作ってほしいんです!お金ならちゃんと出しますから。」

 

だいたいいつもこんな感じだ。

 

著作権があるから作成は出来ても販売はできません。

いつもそうやって断っている。

断ってばかりで、毎度傷つけているんじゃないかと辛くなる。

 

本心を言えば、その人の好きなキャラを使って好きな形に作ってあげたい。

中には熱心にお願いされ、責任は全て自分がとるから!と言われる事もある。

 

実際、著作権に違反すると、罰則は原則として「10年以下の懲役」または「1000万円以下の罰金」。
または懲役と罰金その両方が科せられるのだ。

 

さらに法人の場合は3億円以下の罰金と、いずれにしても罪はかなり重いものというのがわかる。

 

誰かもわからない相手にこれだけの重荷を背負わせられるだろうか?

正直私も専門家では無いので、アニメの絵を出されて、作者に許可はもらってるのでよろしくお願いしますと言われたらその絵が何の絵なのか調べようが無いので信じて作成する他ない。

 

そうした形で、二次、もしくは三次製作している可能性ははっきり言うとある。

なので、私もまともじゃ無いなぁと思う事が多々あるわけだ。

 

本音を言うと、自分の子供が何か賞をもらった記念の写真や、生まれたばかりの我が子の写真、幼稚園で子供が描いてくれた似顔絵。そんな大切な思い出のカード化に力を注いでいきたいのだが。

 

これらのカードの依頼ももちろん受けた事はある。

お見せ出来ない理由は明確。そこに著作権がありプライバシーがあるから。

作品はその購入者様の物。つまり私が勝手に表に出すわけにはいかないのである。

 

そもそも、私の力量を見てもらうためにオリカを作成し、SNS等拡散しているわけだが、それが私の元に著作権のあるアニメなどの絵で作成を求められている原因なのだろう。

 

ある海外の友達が言っていたが、その海外では作成、販売ともに自由のようだ。

どうして自由なのかはわからないが、日本ももう少しこのあたりの事に対して寛容になってもいいんじゃないかと思う部分はある。

 

なぜなら、著作権があるためにクリエイター達は好きな用に物を生み出せない。言葉を使えない。それらを気にし、似ていないように意識し、本当はこうしたいけど、こうしないといけないと意識的に思うものとは違うようにする。

 

本当にこれで新しい何かが生まれるのだろうか?そして、最初の人間が全てを奪い、奪い尽くす世の中に本当に価値はあるのだろうか?

もう少し考え、勉強していきたいと思う。

 

オリカを作ろう材料編!その4

箔押しに使う材料は何?という疑問。

結論からいうとスタンピングリーフという箔が付いたフィルムです。

吉田金糸という販売店が有名だと思います。

東急ハンズなんかにも売っています。

 

箔押しというのは、ホットスタンプともいいますが、熱と圧力をかけて紙に貼り付ける作業の事をいいます。

特殊な印刷方法で、箔押し機というプレスする機械に箔押し印刷したい金型をはめ込み、その金型に熱と圧を加える事で紙に箔が転写される仕組みになっています。

 

とは言え、この機械。めちゃくちゃ高いし重いし、一般家庭に置くには邪魔!というか普通買いません。というか買えません!笑笑

 

なので、スタンピングリーフを使います。

スタンピングリーフは先程お話ししたように、箔がついたフィルムです。

なので、箔部分に粘着物をつけると剥がれてフィルムだけになります。

 

手貼りラミネートを使った箔押しオリカの作成動画を以前出しているので、それを見てもらうとわかりやすいと思います。

 

粘着物に反応するので、印刷したインクを溶かせばそこにつくわけです。

これを利用したのが、家庭で出来る箔押し。

 

具体的な使い方をいうと、レーザープリンターで印刷した絵にスタンピングリーフをのせて熱を加えてやる。すると絵がある部分だけインクが溶けて箔がつくという仕掛けになります。

 

何故インクジェットでなくレーザーかという事ですが。これはインクの性質にあります。

 

インクジェットのインクは、水分に完全に溶けた状態。つまり用紙に染み込みます。

レーザーは完全に溶けてない状態なので、用紙の上にのっている状態。

 

つまり、レーザーは溶け代がまだあるので、熱を加えて溶かし、溶けた部分の粘着で箔をつけてしまおぅという事です。

だから溶け代のないインクジェットでは難しいのです。

 

ただし、インクジェットでも箔押しは可能です。要は、溶けさえすればいいので、染み込む前に箔押しする。もしくは、完全に染み込まない紙を使うなど、方法はいくらかあります。

またこの辺りは話すと長くなるので、ゆっくり教えていければと思います。

 

スタンピングリーフはなれるまでは扱いも難しく、あまり安くはないのですが、やり始めると楽しいので、ぜひ頑張ってみてください♪

 

それでは最後まで読んでいただきありがとうございます♪

 


 

オリカを作ろう材料編!その3

オリカといえばキラキラの加工。

そもそもあのキラキラはどうやってるの?

という疑問から説明しよう。

 

ホログラムと言ったらなんとなく聞いた事があると思います。前回までに説明をしたohpやラベルシールにイラストを印刷した物に貼り付けるとキラキラの加工がされるわけです。

 

ホログラムには色々な種類があります。

厳密にこの種類は名前が決まっていないため、同じ様なデザインでも、クリスタル、クラッシュ、など扱う店によって名前が違ってきます。

また、銀下地のものや、透明のもの、プリズムは無いが奥行き感のあるデザインがされた物など他種多様にあります。

 

では、これらのシートはどこで買えるのか。

 

実は100均なんかにもプリズム折り紙なんて物もあり、私の動画でも紹介していたりします。

良かったら参考に見てください。

 

折り紙だと扱い辛いため気泡が入りやすかったり破れたりします。出来るだけ上質な物を使う方が見た目も綺麗になります。

なのでこの辺りを使用する場合は、あくまで入門と思った方が無難だと思います。

 

ホログラムシート、またはホログラムシール と検索をかけると販売点はいくつかあるわけなのですが。私がよく使うお見せで、とても有名なお店を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホログラムシート クリスタル(シルバー) 30cm×5m【ホログラムシール】
価格:9900円(税込、送料別) (2020/1/12時点)

楽天で購入

 

 

 

ダンフォルムというお店で、クリスタルホログラムってよくドラゴンボールヒーローズのオリカにも使われています。

 

楽天Amazonなんかからも購入が出来るので、覗いてみてください。

色々な種類があって、それを見てるだけでも楽しいですよ♪

 

昔、私もかなりの量を一気買いましたが。

あの時は家大量の宝石があるようでワクワクしました笑笑

 

話がズレてしまい申し訳ない。

基本的には銀下地のホログラムは下地として印刷した用紙の下、透明なホログラムは用紙の上に貼るようになります。

 

銀下地は透明ではないので、上に貼ったら何ため見えなくなるんでいうまでもないですが笑笑

 

透明ホログラムは、下に貼るとプリズムに光が通りにくくなりあまり意味が無くなる場合が多いと思います。

私の感覚だと、クリスタルみたいなカットされた物以外は光の屈折がしにくいんじゃないかなと感じます。何も貼ってないのと変わらない状態になるので。

 

使い方などに関しては、動画などでお見せしていますので参考に。または、わからない事はコメントいただければ答えていきたいと思います。

 

お値段はそこそこするので、先ずは100均などで練習するのもありかもしれません。

一応参考に商品を出しておきます。

 

今回も最後まで読んでいただきありがとうございます♪


 

オリカを作ろう!材料編その2

今回は前回少しお話した印刷に使う用紙のラベルシールについてお話します。

ラベルシールとは何か?

OHPとラベルシールの違い。

ラベルシールを使うメリット、デメリット。

このあたりを話したいと思います。後はどこに売っているのか。

いくらくらいで買えるのか等を話していきます。

 

まず、ラベルシールとは何か。

簡単に言ってしまえば、シールの印刷紙です。

裏側が粘着層になっていて、そこの剥離紙がついています。

そのため印刷しただけでオリジナルのシールが出来てしまう

とても手軽な商品です。

 

表面に色がついたものや、ホログラム付きの物まであります。

オリカで使うのは基本的には透明のタイプを使います。

透明なタイプというだけあって、OHPと同じで

プラスチック原料が使われています。

また、表面がツルツルな光沢タイプや、

つやの無いさらさらしたタイプがあります。

簡単な話がOHPの片側がシールになっていると思って間違いないです。

 

OHPにもいえることなのですが、シート自体にも少し色味があるものが

あります。記載されている事が多いので確認しておいた方がいいと思います。

ラベルに関しては特に多いのが、「少し乳白がかっています」というもの。

これは、裏面から見ると透明ではあるものの白いので、キラ加工した際に

キラキラ感が減ります。

私がよく使うタイプはその方が多いです。その方がイラストが綺麗に見える

為です。扱いは実は難しくなります。理由はまた別でお話しします。

 

購入の際に気を付けないといけないのは、ラベルシールにはミシン目がある

カットがされているものがあるという事です。

1面、またはノーカットと書かれている物を使いましょう。

 

では、OHPとの違いはシールになっている事だけか。

ほぼその通りといってもいいと思います。

ただし、箔押しのシートとして使う場合は熱量が変わってきます。

その他、若干ラベルの方がOHPより薄い傾向があります。

なるべく薄く作りたい場合はラベルの方がおすすめです。

 

オリカ作成に関してOHPの場合は印刷した後、油性ペンホワイトで

簡単に白塗りができます。

ラベルの場合はこのあたりは少し面倒になります。

後日裏技などは解説していきますが、印刷した裏側は粘着層になっているため

ここの油性ペンで白塗りするのはかなり困難になります。

出来なくはないのですが、汚くなりがちです。

 

白塗りを除けば、印刷しただけでキラキラのホログラムシートの上に

そのまま貼ることも可能なので、単純に全体をキラキラとしたカードに

したい場合は印刷して貼り合わせるだけで完成します。

オリカの中ではかなり簡単に作成できる作りの代表みたいな物ですね。

 

あまりしられていない(需要が薄いから商品も少ない)ですが

初めからホログラムになっている印刷紙があります。

これは印刷したら完成(笑)

裏面は白一面のシールになっているので透けません

そのため、本当にこれだけで完成してしまう超手軽な商品もあります。

 

OHPとラベルにはそれぞれメリットもデメリットもあります。

結論から言うと「両方使うのがいい」。

 

前述したように、ラベルは薄いです、OHPと重ねて使うくらいがちょうどいい厚み

だと私は思います。

あくまで印刷だけの話をするとラベルシールの方が楽だし、OHPよりも

印刷は綺麗になりやすいです。

実は、OHPも印刷後裏の白をできる限り綺麗に白にすると同じなんですが

人間の力で塗った白にはわりと粗があるのです。

素材によっては、目で分かりにくいくらい表面がぼこぼこしていたり

ツルツルになっていない物が多くあります。

前回おすすめしたコクヨのOHPは表面が比較的ツルツルとしていて

印刷も奇麗なのでとても気に入っています。

 

箔押しについてはかなり違ってきます。

特に熱に関しては、ラベルは少し扱いが難しい様に思います。

OHPは熱をプラスチックが溶けない程度までならどのくらいかけても

たいして変わらないで箔押しされるのですが

ラベルに関しては、あまり熱を上げすぎると印刷面以外の部分にも

箔がついてしまう現象(箔塵)がおこったりします。

この辺りはまた後日作成方法でお話しします。

 

またインクジェット用とレーザー用があり、それによっても違います。

印刷に関してはそれほど変わりないですが、

作成に関してはかなり違うので、自分がどんなタイプを作りたいのか。

それによって選ぶのが重要です。

 

私がおすすめするのは、OHPで箔押し、ラベルでイラストの印刷。

これを合わせて使うのが一番やりやすいんじゃないかと思います。

 

最後におすすめを紹介しようと思うのですが、二種類紹介しておきます。

ひとつはたぶんオリカ士のほとんどが使うんじゃないかと思うもの。

もうひとつは私が愛用している物です。少し乳白がかっていて値段も

比較するとそこそこします。なので最初のうちは無理に使わなくていいと思います。

綺麗に仕上げたい方はどうぞ。

これらの印刷用紙は電気屋さんに実は売っています。

レーザープリンターを売っている店なら取り揃えも多いと思いますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございます。

 


 


 

 

 

 

オリカを作ろう!材料編その1

オリカの材料といえば用紙ですね。

簡単に説明すると透明な印刷用紙です。

この用紙は何を使っているのか。

一番有名なのはOHPという用紙です。

 

話がそれますが、これ元々はオーバーヘッドプロジェクターの事で、光を当てて投影する装置なんですよね。

 

もう今は、パワーポイントなどパソコンを使って映し出しスライドショーするのが当たり前の時代なんでこんな物がある事自体がかなり不思議に思います。

 

私が思うに、オリカ士がたくさん買うから無くならないんだと思います。

それ以外に何につかうんだ!??

と言う疑問しか生まれませんwww

 

これから考えてもオリカ士というジャンルはアングラながらも重要な役割なんだと思い、私自身のやる気にもなったりします。

 

と私の勝手な思い込みなんですが笑

 

話を戻しますが、オリカの基本材料は

このOHPがまず来ると思います。

このOHPに絵を描く事で透明なイラスト用紙になる。単純に一番わかりやすいですね。

 

材料はプラスチックで、透明度が高い物から少し黄色がかった物があり。

印刷自体はレーザープリンター用、インクジェット用とプリンター毎に違います。

この辺りは普通の用紙と同じなので購入の際は十分確認してください。

 

この透明なイラストの反対側から、油性のホワイトでキラキラさせたくない部分を白塗り(光らなくさせる技法)をして、キラキラの紙を貼り付けるとキラ加工のオリカが完成となります。

 

基本的に薄い方が透明度が高くなります。

OHPのかわりにシール状になっているラベルシールという物もあります。

また次回説明させていただきたいと思います。

 

最後に私が使っているおすすめのOHPフィルムを紹介しておきます。

良かったら参考にしてみてください。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

コクヨ VF-5 OHPフィルム PPC用 20枚入 取り寄せ商品
価格:1019円(税込、送料別) (2020/1/9時点)

楽天で購入

 

タイガーロード を知っているだろうか?今年はタイガーロード があつい!!

さっそく新作作ってます♪

タイガーロード のオリカですね♪

今年の初作品はタイガーロード オリカになりました✨

 

f:id:AetherOriginal:20200405100256p:image

 

タイガーロード の益々の発展めちゃくちゃ期待してます♪

作者の彪牙様より直々に作成を許可いただけました。

 

という事で、今年はホログラムをフル活用した画質さらなる向上と透明オリカをメインに頑張って見ようかと思ってます✨

 

皆様今年もよろしくお願いします🤲

 

さて、今回はタイガーロード について詳しく説明していきたいと思います。

 

 

タイガーロード とは

高橋彪牙様が脚本をした同人作品の漫画です。

絵はヤングじじい様が担当されています。

二人とも大変有名な方で、この作品も同人誌ではありますが、ドラゴンボールのアフター作品として描かれているため、内容も幅広い年齢層が楽しめる漫画作品になっています。

 

高橋彪牙とは

U-EnIとして歌手活動をする中、ドッカンバトルと言ったゲーム実況などYouTubeTwitterなど幅広く活躍している。

 

最近では、フィギュアのリペイントなども行い、その出来は素人とは思えない出来栄えで、多数の依頼が来るほどになっている。素晴らしい多彩な才能の持ち主で、そんな彼が脚本を手がける同人誌が「タイガーロード 」です。

 

ドラゴンボールをこよなく愛する彼は、皆から集めたドラゴンボールイメージをそのまま歌にしてしまうなど、ドラゴンボールファンの息を超えていると言えるほど生粋のドラゴンボールファンだ!

 

私自身もオリカを通して仲良くしていただき、専属的にイラストを提供していただけています。

公開は出来ませんが、タイガーロード の新たなキャラクターなどの情報も見せていただき、早く続きが見たい!!とワクワクが止まらない日々を過ごしています。

 

ヤングじじいとは

ドラゴンボール好きで知らない人はいないのではないか、というくらいのドラゴンボールの同人作品を描いている方で。公式の仕事もしている絵師様!

 

Twitterでは、公開した絵を無償で利用させていただけるなど、オリカ界においても神のような存在なのは間違いない。

 

私も何度か絵を使用したオリカ作品を作らせていただいているが、絵のタッチなどが本当にオリカにドンピシャに適しているため、誰が作っても綺麗な物が出来てしまう!魔法のようなイラストだ!!

 

オリカを作る方は、一度は使わせていただく事を強くお勧めしたい!Twitterへのフォローや感謝の言葉を忘れないように!

 

どんな漫画なの?

そんな凄い人が作った漫画!気にならないわけがないですよね。

簡単に説明していくと。

時間軸的にはDB超の力の大会と同時期かその後あたりからになります。

サイヤ人と同じ戦闘民族トウラ人は、長きに渡る戦いを行っていた。主人公は高橋彪牙本人!歌手として活動していたが、実は普通の人間では無かった!

 

様々な魅力的なオリジナルキャラを見るだけでも楽しい!そして、ドラゴンボール好きにはたまらない、悟空やベジータ など皆が知ったキャラなども勿論登場する!!なんともワクワクする作品になっているわけだ!

 

読み進めれば、もうこれ公式でいんじゃね?って言う声すら聞こえてくるような魅力的な作品になっているので、是非手に入れて読んでいただきたい。

 

また、作品購入いただいた方へ私のオリカをプレゼントするなどの企画も行っていたりもするので、そちらもチェックして欲しい。

 

次回は第3巻!ヨキちゃんというヒロインキャラクターが登場する!?

今回紹介しているオリカに使われているセクシーな衣装を着た女の子だ!

どんな性格で、どんな能力があるのか、そして主人公との関係など今後見所がたくさんありそうだ。

 

簡単ではありますが、タイガーロード は今後どんどん盛り上がっていく作品なので、是非応援していきたいと思います。

まだ見たことない方は是非購入してみてくださいね。