アイテル式オリカ製作所ブログ

娘大好きなオリジナルカード職人が日々学んだ事を紹介してます。

YouTubeの再生回数を伸ばすための方法。試行錯誤の動画

YouTubeの再生回数をあげるには。結論、視聴者が見たいと思う動画を見せ続ける事。

 

さて、私アイテルはブログを書いてるわけだが、物書きが得意なわけじゃない。

アイテルはオリカを広め、アイテルというオリカ士をたくさんの人に知ってもらうために、ブログを始めたわけだ。

 

つまりは、YouTubeTwitter、そしてブログ。

その他色々な方法で世に広めようとしているわけだ。

はい、有名になりたい!いいえ、超有名になりたいのだ!!

 

有名になるのは実際の所凄く簡単だと思う。

何故なら、人間はほぼ有名では無いからだ。

 

どういう事かと言うと、ほぼたくさんの人間は皆同じ事をする。

いわゆる常識。一般常識だ。

つまり、これが皆が考える事。

 

この一般常識を逆にすれば良い。

そうすれば世界は変わる。少数派になる事ができる。結果として有名になる。

考えとしてはそれだけの話だ。

 

凄く極端な話が、殺人者。それも凶悪な殺人者。

人間は人間を殺せない。これはDNAでも教育でも決まっている一般常識。

凶悪な殺人者はその一般常識を完全に外れた少数派だから有名なわけだ。

 

では、犯罪者になろう!

とは思わない。当たり前だが。

私は有名になりたい以上に幸せになりたいし、皆を幸せにしたい。

だから犯罪者にはならない。

 

とにかく有名な人気者になれば、YouTubeの動画は伸びる。

芸能人がYouTubeに参入すれば、ある程度伸びるのは当然、わかる話だ。

 

残念ながら、アイテルは芸能人では無い。

だからある程度ではなく、物凄く可能性を秘めている。

有名になろう!と活動などした事はこの年まで一度もない。だから、これから可能性を感じているわけだ。

可能性にワクワクしている。

 

そろそろ本題に戻ろうと思う。

再生回数を伸ばす方法は、誰の何を解決するための動画なのかを明確に伝える事。

これが一致すれば見たいと思うだろう。

 

この手の話は、もう耳にタコが出来るくらい、いや耳がタコになるくらい聞いた。

この手の話をするのはビジネス系YouTuberという、ビジネスマン向けに動画を配信している方が多い。

 

私の動画を見る人は、どちらかというとビジネスとは真逆の娯楽系の人向けになると思う。

 

では、真逆に考えてみよう。

私の正解に疑問を出して行く動画。

なるほど、これは面白い。

 

これはいいアイデアかもしれない。

アイテル式オリカはほぼ正解が出てしまった。

と思っているが、実は穴だらけなのだ。

これをどんどんさらけ出していけば、それが価値になるんではないだろうか。

 

今回出したコンビニで印刷してスリーブを作る方法には、かなり力をいれた。

というよりは、今まで面倒だからとやらなかったいくつかを頑張ってみただけだ。

 

いくつかを紹介しよう。

 

構成を考えた。誰の何を解決するための動画なのかをちゃんと答えてから動画を見てもらう。

YouTubeは最初の15秒で見るかどうかを判断するようだ。

なので、最初に何の動画なのかを説明した。

 

出来る限り必要な箇所には字幕を入れる。

滑舌が元々あまり良くない私なので、製作中や無駄話以外の説明が必要な所は字幕を入れるようにした。

さらに字幕に関して、オリカなどの、言葉を強調したい部分には色を変えてわかりやすくした。

 

喋りを明るく元気に。これはまだまだ頑張っていきたいと思った部分だが、普段は嫁と娘を刺激しないようにこそっと録画していたので、ちょっと喋りも弱かったなぁという部分がある。

家では、どうしても厳しいので。声だけは外出して外で撮るように工夫してみた。

 

BGMを出来る限り小さくした。

声が小さかった事もあるが、音量は少し大きかったかもしれないので改善した。

 

後、今回は間に合わなかったが照明も購入した。手元を写すことが多いため、もっといいライトを買わないとと思っていた。

実際に使ってみないとわからないが、とにかく購入してみたので、届き次第レビューしようと思う。

 

こんなとこだとは思う。

まだまだ改良点は多く、やり切れていないんだろうとも思うが。

YouTuberも真剣に取り組んでいこうと思っている。

まだチャンネル登録していない方は是非登録をお願いします。

 

 

新たな企画立案!前準備として改めてアイテル式オリカの材料費を計算してみた

気づいてしまった、金が無い、、、。

 

材料費まとめて購入したから仕方ないのだが、インクすら買う予算が無い。

オリカの金銭取引の違法性がハッキリしないのに、貨幣価値のあるカードとのトレードはどうなんだ!?という疑問が拭えない以上、トレードはしない。と決めていた私。

 

しかし、カードは作りたいし、作った以上誰かにあげたい。

単純に喜んでくれるのが見たいし、それが今一番の自分にとっての生き甲斐でもある。

 

だが、プレゼントを続けていて気づいた。

金が無い!

月2万の小遣い内でやりくりすれば良いと思っていたが、予想以上に早いペースで材料はなくなる笑

完全に自己責任なわけだが。

 

一番の原因はトナーインク。これが不定期に襲い掛かって来たわけだ。

情け無い話、小遣いをへそくりする能力がないんだなと自覚した。

 

しかし、ギャンブルもタバコもしない私。

酒はたまに飲むが週に2、3缶程度。

いったい何にそんなに使うんだろなぁ、、、

どう考えても会社で水分と少しばかり休憩に食べる間食以外はオリカ作るための材料費しかかけてないんだが、、、

 

水筒持参、間食は辞める、、、出来なくはないが、それくらい許して欲しい。

では、もうオリカを辞める、、、のは無理!

楽しいんだから仕方ないだろ!!

と我儘言っても仕方ないので、考える。

 

プレゼントを辞め、作りすぎなければ、インク代くらいにはなるか??

なるかも知れんが、オリカ界のパイオニアとしてこれからも新しいチャレンジを続けたい!

 

作りすぎないとかあり得んだろ!

それはありえないね。借金してでもやるね!

 

とは言え、さすがに嫁も子供もいる身で無謀な借金は作りたくは無い。

 

さて、どうしようかな。

プレゼント企画もたまにはやりたいしな。

売れない以上あげるしか方法は無いわけだし。

 

とにかく、金をあまりかけずにプレゼントが出来る方法が無いか。

そこに焦点を当てて考える事にした。

 

そう言えば、Twitterどのフォロワーさんの間ではオリパが盛んに行われているな。

、、、やってみようかなぁ。

 

しかし、私にはカードが無い。

なくは無いがもらったカードでそれはコレクションだから出すわけにはいかない。

 

出しても良いものを募集してみようか?

どうやって???

そうか、私のオリカあげるからオリパ用にカード提供してもらうというのはどうだろ?

 

そのオリパの販売によって材料費捻出する!

、、、ん??

これってなんかパチンコ屋みたいだな。

 

直接販売したら違法だから、あげるかわりに材料費を手に入れられるアイテムをください。

平たく言えばそんな感じか?

 

周りくどくオリカ販売してるみたいな気分だが、大丈夫なんだろうか??

とは言え、材料費が欲しいのは事実。

では、材料と交換してくれ!というのはどうだろ?

いや、さすがにリサイクル品でも数千円する物と交換してくれとは言えない。

というか、それもう販売と変わらんね笑

 

とにかく、アイテル式の材料費はいくらかを計算してみよう。

 

その1、インクジェットラベル用紙


【Amazon.co.jp限定】 エーワン 手作りステッカー 透明タイプ 28873タイプ 2シート

 

818円で2シート。一枚あたり1シート9枚作製したとして約46円。

 

2.白塗り用レーザー用紙


エーワン 屋外でも使えるラベル 光沢透明 10枚 31032

1427円で10シート。一枚あたり1シート9枚作製したとして、約16円。

 

3.ホログラムシール


ホログラムシート クリスタル(シルバー)

30×30サイズ、880円。12枚作れる?として一枚約74円。

 

4.箔押し用ohp


コクヨ OHPフィルム モノクロレーザー モノクロコピー A4 20枚 VF-5

992円で20枚。一シートで9枚製作したとして、一枚6円。

 

5.スタンピングリーフ


スタンピングリーフ 銀 YK-S-2

1000円で20枚。一枚二分の一にするとして一枚25円。

 

後はohpとラベルシール貼り付け用シート


ニトムズ 超透明両面接着シート 100mm×100mm 2枚入り T284

339円で二枚。一枚約170円。

 

2020年2月6日Amazon調べ。

なんか安いな。

いつもそれぞれ直営で買ったりするからか?

 

全部で337円。

いつもはオーロラ箔だからもう少しするけど、一枚あたりは400円かからないくらいかな。

あくまで一枚あたりでミス無しでの計算だけど。

 

送料いれて500円ってとこか。

なるほど予想通りだった。

てか、ここまで単価晒すのもアイテルくらいだろ笑笑

 

よし!これでオリカの最低価値は分かった。

等価交換と考えると、もらったカードで500円のオリパつくれば問題ないんじゃないか?

 

Twitterで一度聞いてみよ。

せっかくならオリパの中に余ったオリカプレゼントで何枚か入れたりしようと思う。

なんか楽しくなってきたな。

 

もし何かアイデアとか意見があればぜひ聞いてみたい。

とりあえず何もなければ来週くらいから初めてみるかな。

 

 

 

レーザープリンターを使うなら備えておく事。

ついにこの時がやって来た。

Ricohレーザープリンターにある画面表示が、インク切れをお伝えしている。

 

残念ながら、つい先日材料をいくらか購入したため、予算はない。

仕方ないので、安いリサイクルトナーの切れた黒インクのみ注文した。


LCL RICOH用 リコー用 C200 C250L C250SFL C260L C260SFL 600568 (1パック ブラック) 再生トナーカートリッジ 対応機種:Ricoh Ipsio sp C200/SP C250L/SP C250SFL/SP C260L/SP C260SFL

 

しかし、高い。一本1万くらいするからな。

本当はリサイクルトナーはあまり使いたくはなかったんだが、、、背に腹は変えられない。

 

全部純正で揃えようと思ったらゾッとすらな。

次回までに頑張って小遣いへそくらないとな。

 

オリカってそう考えても、地味に見える割に本当経費かかるよな。ってこう言う時に思う。

ちゃんと生産性が生まれたらいいんだが。

 

お金とは信頼を数値化したものだと私自身思っている。だから、今は少しずつでも儲けはあるんだと考えている。

ただ実際に物が不足した時、例えば今回の様な状況だとそれも少しグラつきそうになるのを感じる。

 

オリカ士という職業が、信頼される仕事になるにはどうしたらいいのだろうか。

まだまだやれる事はたくさんあると思う。

 

まずは、次プリンターがインク切れを知らせた時の経費を地道に貯めておこう。

箔押しに革命が起きた!の補足

結論から言うと前に説明した革命的な作りには欠陥があった。

 

欠陥と言うと少し違うのかもしれない。

勘違いというのが正しいように思う。

 

それは何かと言うと、用紙によって箔押しが出来る物と出来ない物があると言う事だ。

 

前回紹介した、エーワンの比較的安価なタイプの透明ラベルシール


エーワン ラベルシール 光沢フィルム 透明 ノーカット 10枚 28791

これは綺麗に箔が転写されるのだが、


【Amazon.co.jp限定】 エーワン 手作りステッカー 透明タイプ 28873タイプ 2シート

手作りステッカーなど水に強いタイプの用紙、写真用光沢紙なども試したが、全く付かなかったのだ?

 

おそらくだが、溶けやすさが問題なのだと思う。

エンボスヒーター並みの熱量なら可能になるのだろうが、そんな熱々の状態にすると紙自体がフニャフニャの使い物にならなくなる。

 

今のところ、最初に紹介した安価なラベルを使うのが間違い無いと思う。

 

話は変わるが、これらラベルシールの印刷に関してだが、変な発見をしたので教えたい。

今のところ、何故なのかはよくわかっていないのだが。

 

それは、印刷範囲が狭いと綺麗に印刷がされないという事。

私が使っているプリンターがボロなだけかもしれないのだが(可能性は高い)。

 

カードサイズを一枚分だけ印刷するように設定して印刷すると、どうも画像が綺麗にならず、滲みが出る。

試しに3枚分横に並べた形で印刷すると綺麗に印刷がされた。

 

もしかしたら、ノズルから噴射されるタイミングが一枚の時と、横に広い3枚分を印刷する場合のとでは、安定感に差があるのかもしれない。

次回からは、印刷する際は極力1ページにまとめて印刷しようと思う。

 

話を革命オリカの作り方に戻そう。

この作り、用紙自体はかなりのオリカ士が使っていると思うのだが、箔がそのまま貼り付けれる事実を知る物は多くはないだろう。

 

海外の方から教えてくれと言われたりもする事もあり、今回英語での解説をしてみた。

https://youtu.be/lxdS8l7G8Ow

かなり簡単な説明で作ったわけだが、そもそも英語がよくわからない。

翻訳機を駆使して作ったのだが、良かったのだろうか。

 

とにかく、印刷用紙にもインクにも色々と使用に関しての微妙な良し悪しがある事は間違い無いと言う事だな。

 

 

 

箔押しの革命!アイデアは逆の発想から生まれる

いつからか箔押しオリカの作り方に疑いを持たなくなってしまっていた。

だから、この単純な作りに革命だ!と驚きを隠せなかったわけだ。

 

箔押しオリカの作り方は、誰がそれを言い出したのかはわからないが、まずスタンピングリーフをOHPやラベルシールに描かれた箔用の絵に転写する事から始まる。

その転写されたOHPやラベルシールを元になるイラストが描かれた絵の上に貼り付けるのが主流なわけだ。


スタンピングリーフ 金 YK-S-1

 


エーワン 屋外でも使えるラベル レーザー ツヤ消しフィルム 透明 A4 10シート 31036

 

 

しかし、このやり方だと貼り合わせるのに少しばかり技術がいる。

特に気泡には悩まされている方も多いのではないかと思う。

そもそもOHPを使う場合は、シールになっていないため、貼り合わせるのには別に糊になる物が必要になるのも悩みである。

 


コクヨ OHPフィルム モノクロレーザー モノクロコピー A4 20枚 VF-5

 

そんな悩みは実は全く問題無かったのかもしれない。

 

というのも、箔押しした透明フィルムを作って貼り合わせるというやり方をしなくても、

直接イラストを印刷した紙の上に箔押しは簡単に出来るからだ。

もちろん箔押し機なんて物は使わない。

使えば綺麗にはなるだろうが、かなり高価な物になる上に、毎回専用に金型を作る必要がある。しかもこの金型がまた高いわけだ。


ホットスタンプ機 箔押し機 エンボスマシン 手動式 焼印 ディジタル制御 紙、プラスチック、木材、PU、レザーなどに適し 使いやすい 多機能 ホットスタンピング+ホットプレス+ダイカット+パンチング (10*13CM)

そんな物はなかなか一般的には手にする事はないだろう。

私もさすがに金型を毎回作ろうとは思わない。

 

ではどうするのか。

まずスタンピングリーフがどのようにして貼りつくのか、原理を簡単に説明しておこう。

 

ザックリ言えば、ペタつくとこにだけ箔がつく。という事。

  • レーザーは、用紙の上にトナーがつく事で印刷がされる。
  • インクジェットは、用紙の上にある糊の層に染み込む事で印刷がされる。

 

つまりトナーは上にあるのだから、熱を加えるとトナー部分だけがペタついて、そこに箔がつくのだ。

 

インクジェットの場合は、全体が糊の層なのでスタンピングリーフが置かれた部分全てに箔がつくわけだ。

 

この原理を利用して、インクジェット用紙に印刷後、この糊の層に必要になる箔部分だけ熱転写すればいいわけだ。

 

ある程度作り慣れているオリカ士は、これだけ聞いたらわかる人もいるだろう。

 

具体的にはどのようにするかだが。

これは、またオリカを作ろう作成編!で詳しく書いていきたいと思う。

 

とは言え、早く知りたいだろうから

ザックリと説明すると、

スタンピングリーフに使いたい箔絵部分の箔を残して、それを使ってインクジェット用紙に印刷されたイラストの上に熱転写するという事だ。

 

つまりは、用意する箔絵は通常の白黒を反転したものになるという事。

完全に逆の発想から生まれたという事だ。

 

オリカに限らず、物事は逆の事が大変に多い。

例えば、魔法の水がわかりやすい例だ。

 

何度も話しに出していて、だんだん代表作の様に思えてきたが、実はシール貼りを必要とする業界ではこの水貼りという作業は普通の事なのだ。

もっと言えばそれ専用のスプレーも売っていたりする。


リンテックコマース フィルム貼りスプレー 300ml HT-061

 

話が逸れたので戻すが、

印刷物に水をかけるという事自体、普通はやらないのが常識

水に強いと書いていたとしても、わざわざ水をかける必要を感じなければやらないだろう。

 

常識を捨て、ある程度考えたら実行する事。

特に誰かから聞いた事をそのまま信用するのはやめ。まず試してみる。

やらない方がいい、と聞いたからやらないはダメ!何故やらない方がいいのかを自分の中で明確に答えを出す事が重要!!

そこからの失敗という体験こそが後の発見に必要な財産になるんだと私は思う。

 

 

オリカを作ろう作成準備編!その1

さー、大まかな材料は紹介が終わり

ここからは、作成準備編を話していこう。

先ずは、パソコンで作るかスマホで作るかになるのだが。私は基本パソコンで作業する。

 

YouTubeで講座を出してはいるが、反響を考えるとどうもパソコンで作業をする人に求められているのは、そこじゃ無い感が否めない。

近いうちにアプリを使ったオリカ作成方法も講座を出そうと思う。

 

さて、そちらは私の勉強不足もありまだお伝えするのは先になるので、パソコンでの作り方からお話ししていきたいと思う。

 

何からスタートするか。ここが重要だ。

先ずは作りたいメインを決めて行こう。

例えば、今回は好きなアニメのキャラクターをメインにしよう!!

 

もしこの時写真を加工したいのなら、そこに写る被写体の中からメインとなる部分を決めておこう。

 

メインは一体とは限らない、複数でもいい。複数の場合は、まとめた部分を一つのメインとして考えるようにしよう。

 

メインが決まったら、そのメインがどんな風に見えるようにしたいかを決める。

このどう見えるようにしたいかを決めておく事が重要だ。

カッコよく!とか可愛くとか、強そうに、とか

あとは大人しくとか派手に。と言った感覚的な部分をザックリでも決めておくと良い。

 

先ずメインとなる絵を用意する。

自分で描いても、ネットから借りてもいい。

ネットで借りる場合は著作権には充分配慮するようにしよう。

 

次にメイン画と背景画をどうするかを決めよう。背景を変える場合と、そのまま使用する場合で作り方は若干違う。

背景をそのままにする場合は、メインを切り抜いた物と切り抜く前の物を使う。つまり切り抜く前の物を背景と考えるわけだ。

背景を変える場合は、そのまま全体を別の背景で作るという事になる。

 

今回の説明では、メインも背景も別々に自作して作った物で説明している。

 

まずは、画像編集ソフトを用意する。

私はgimpというフリーソフトを使用している。

f:id:AetherOriginal:20200125185431j:image

 

フリーソフトとはいえ、出来ない事が無いんじゃないかと思うくらいできる素晴らし過ぎるソフトだ。

 

とはいえフリーソフトなので手探りで使って行かないといけない不安はあるだろう。

大丈夫。gimp  〇〇と検索して調べながら使っていけば、国内でもかなりの人が使っていて優しく教えてくれている。

 

最初のうちは何をどうしたいかが、分からず困るかも知れないので、こんな風に検索するという例をあげておこう。

 

とりあえず編集する画像を出したいな。

どうやるんだろ?

gimp 画像の出し方』

すると、画像の開き方・保存方法などが出る。

 

画像は出せたけど、切り抜きはどうやればいんだろ?

gimp 画像の切り出し方』

すると、画像のトリミング方法などが出る。

 

上の例で見てもらうと分かる通りだが、検索ワードはほぼそのままの言葉だが、ヒットするのはちゃんと専門用語になって検索されているのが分かると思う。

 

A Iって本当凄い技術ですよね♪

 

なので、調べたい事は一度単語に直すといい。

片言の日本語の様にして、それをそのまま検索ワードにするといいわけだ。

 

これはgimpに限らず、検索方法の基礎として覚えておく事をお勧めする。

 

とにかくgimpの導入、使用に関しては問題無いとして話を進めて行こう。

 

まずメイン画像だけの画像を用意する。

開いた画像からメイン部分だけを切り出し、その他の部分を透明化するわけだ。

 

f:id:AetherOriginal:20200201201543p:image

 

次に背景を用意する。

その背景を先程のメインの後方のレイヤーにおく。

f:id:AetherOriginal:20200201201619p:image

f:id:AetherOriginal:20200201201558p:image

 

次に箔押しをする場合は、箔絵をメイン画像の上に新しくレイヤーを用意して描いていく。

 

f:id:AetherOriginal:20200201201505p:image

 

 

要約すると、一番下に背景、次にメイン、その上に箔絵という感じで最低3種類のイラストを組み合わせてあげるわけだ。

 

f:id:AetherOriginal:20200201201742p:image

 

そして、このメインの絵だけのレイヤーを使って白塗り用の絵を作る。

 

f:id:AetherOriginal:20200201201754p:image

 

これをホワイトトナーで白黒印刷すれば、白塗りを白いペンで塗らずに作る事が出来るというわけだ。

 

ここまでで、まず箔押しオリカに必要となる

絵のデータが揃った事になる。

 

1.使用するイラスト絵(元絵)

2.箔押し用のイラスト絵(箔絵)

3.白塗り用のイラスト絵(白塗り)

 

実際に印刷するデータとしてはこの3種類となる。この3種類を用意出来たら実際にカード化開始となるわけだ。

 

ザックリと早足で説明したが、これがオリカの最初の工程で、一番大変かつ、重要な部分である。

 

色々なやり方があり、今回はパソコンで作った時の説明だったが、スマホだとアイビスペイントなどが似たような作り方で作るには便利だろう。

また機会があれば使い方を説明した動画などあげようと思う。

 

 

 

箔押しオリカの作り方

箔押しオリカを綺麗に作るには、熱圧を極める事。これに限るわけだ。

 

今回完全に綺麗な箔押しオリカをつくる方法を見つけ出してしまったわけだが。

アイテム数が尋常じゃないのも事実。

 

一応材料だけ言うと、レーザー、インクジェットのプリンター両方がいる。この時点で敷居がかなり高いわけだ。

本当に一部のマニアな人しか作れない。

 

しかも、印刷用紙はレーザー用紙、インクジェット用紙、マルチペーパー。とある意味で全ての用紙を揃えないといけない。

 

いや、もうごめん説明いらないや。ってこの時点で99%の人が脱落しそうな話だ。

これは、、、、、ダメだろな笑

 

なので、わかる人にはわかるピンポイントな情報にしておく事にする。

 

近いうちに、本当に初歩の初歩からわかるオリカの作り方を少しずつ細かく、教えていきたいと思う。

言うなら小学生くらいをターゲットとして、作ってみたい!パパ一緒に作ろう!!ってなるように考えていきたいと思う。

 

今年あたりワークショップを本当に開きたいと思っているわけだし、小学生にも丁寧にわかりやすい解説を頭に記述していける様に考えていきたいな。